肝パワーeプラス副作用

肝パワーEプラスの副作用について・・・

肝パワーEプラスの購入を検討しているあなたへ。

 

 

18年間のロングセラー、お酒をが好きな人の強い味方の肝パワーEプラスですが、
気になるのがその副作用ですよね。

 

肝パワーは、薬ではなく健康食品に分類されるサプリメントですので、
基本的に副作用はないと言われています。

 

しかし、健康食品だからといって侮ってはいけません。

 

肝パワーEプラスには、アミノ酸をはじめとする栄養素が濃縮して配合されています。

 

用法を正しく守って使用している分には問題はありませんが、
過剰摂取すると以下のよう副作用があります!

 

 

肝パワーeプラスの副作用を暴露!※購入前にコチラで確認して下さい!

 

 

肝パワーに含まれる代表的な成分は、

アミノ酸(タウリンを含む)、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB6

 

 

これらを過剰摂取したときの副作用を以下にお知らせ致します。

 

 

アミノ酸の過剰摂取による副作用

過剰摂取すると、肝性脳症を引き起こす可能性があります。

 

アミノ酸は体内で代謝される過程でアンモニアを発生させます。
アミノ酸を過剰に摂取すると肝臓の尿素サイクルを担う酵素がうまく働かず、
血中アンモニア濃度が異常なレベルまで上昇し、肝性脳症を引き起こす可能性があります。

 

 

ビタミンEの過剰摂取による副作用

脂溶性ですので過剰摂取による作用は確認されていませんが、
肝障害の恐れがあるとされています。

 

 

ビタミンB1の過剰摂取による副作用

水溶性のビタミンですので、過剰摂取しても尿から排出されます。

 

 

ビタミンB6の過剰摂取による副作用

大量摂取すると、感覚神経障害を起こす可能性があります。

 

 

 

健康食品であるサプリメントといえども、決してあなどってはいけません。
特に肝パワーEプラスには良質のアミノ酸が凝縮されています。

 

肝パワーに含まれる良質のアミノ酸を摂取することで肝臓の細胞を構成する
タンパク質がアミノ酸から生成され、肝臓の働きが活性化され肝機能が高まります。

 

しかし、

 

過剰にアミノ酸を摂取してしまいますと、逆効果なのです。
アミノ酸が代謝される過程で発生するアンモニアを排出することができなくなり
逆に肝臓に負担がかかってしまうのです。

 

 

上記の副作用は、肝パワーを過剰摂取したときに懸念されるものです。

 

肝パワーEプラスの1日の摂取量の目安は、1〜3粒です。
この摂取量、用法を守っていれば特に副作用を心配する必要はありません。

 

用法は正しく守って使用してくださいね♪

 

 

ステラの肝パワーEプラスは以下、お試し商品と本商品がありますよ。

肝パワーEプラス(5日分お試しセット)

肝パワーEプラス(本商品)

まずは試してみたい!という方にオススメの5日分お試しセットです!
5日分で送料無料の980円ですので大変お得ですよね。

 

価格: 980円

1袋(3粒)×5

 

 

 

毎日継続して使用したい、という方にオススメ!
1箱15袋入りのものから2箱定期セット、6箱おまとめセットも大変お得です!

価格: 4,725円 ほか

1袋(3粒)×15 ほか

 

 

肝臓の役割

体に必要なたんぱく質が体内のどこで作られているか知っていますか?

 

・・・それは肝臓。

 

肝臓で体内に送られるタンパク質が作られているのです。
しかし、肝臓の機能そのものが低下してしまいますと、肝臓そのものをつくるタンパク質も減少していき、
肝臓の機能そのものが低下してしまうのです。

 

肝臓は、「体内の化学工場」とも言われ、物質の代謝、合成、排出、解毒など
複雑で大変重要な役割を果たしているのです。

 

日ごろから肝臓を傷めない生活習慣を送ることが体力、スタミナ、若さの秘訣となります。
人間が食べたものは、胃、腸で消化されて小腸の腸壁から吸収され、肝臓に運ばれます。

 

肝臓に運ばれた栄養素は分子レベルに分解され、体の全身に運ばれるのです。
と同時に肝臓はアルコール、薬物といった体内に有害な物質を解毒して体の外に
排出する働きがあるのです。

 

他にも胆汁を作り、ホルモンのバランスを保つのも肝臓で行われているのです。